構築置き場

ログ置き場

怒りのワルビアル

f:id:ratos_189:20170601231230p:plainf:id:ratos_189:20150902194213p:plain

かつてトリプルバトルにトップメタとして君臨していた(らしい)構築に
ケンホロウ+ワルビアル(通称ホロウビアル)というのがあった。

6世代で仕様変更により成立するようになったピントレンズ+強運+辻斬りの確定急所を
ケンホロウが味方ワルビアルに放ち、怒りのツボを刺激する構築である。

なのだが、とにかくケンホロウというポケモンが弱かった。

f:id:ratos_189:20170709151823p:plain

以前、自分もこの(変な鳥)ポケモンダブルバトルで使ったことがあるのだが、
あまりの弱さに卒倒、1-11したあげく構築を解体することになった。

というのもこいつの耐久力が低すぎるため、
先制技を重ねられたりするだけで簡単に落ちてしまう。
賢明なプレイヤーはこのことを知っているので
アクアジェット等の先制技をワルビアルではなく、
ケンホロウに集中してくるため簡単にコンボを阻害されるのだ。

そういうわけでファストガードなしにこのコンボを決めるのは不可能、
つまりダブルバトルではただの鳥という烙印をおさざる得なかった。

そうしてこの鳥のことは忘れていたのだが、
ひょんなことから追い風飛行Zトゲキッスの存在を知る。

f:id:ratos_189:20170709154115p:plain

追い風Z+強運で確定急所になるマジカルシャインが強そう…ではなく、
そう、神速で怒りのツボが発動できるのである。

従来の構築に比べタイムラグはあるものの、
確定急所神速は怒りのツボコンボを阻害してくる怒りの粉この指止まれにも強い。

この構築ならホロウビアルを現代に蘇らせられるのではないか、
そう思い構築に至ったのであった。


・サンプルパーティ

f:id:ratos_189:20170709155522p:plainf:id:ratos_189:20170709154115p:plainf:id:ratos_189:20170601231230p:plain

f:id:ratos_189:20150903170437p:plainf:id:ratos_189:20170709155708p:plainf:id:ratos_189:20150904140226p:plain

ポケモン 技1 技2 技3 技4 持ち物 特性
ガルーラ 捨て身タックル 猫騙 不意打ち グロウパンチ ガルーラナイト 肝っ玉
トゲキッス マジカルシャイン 神速 この指止まれ 追い風 飛行Z 強運
ワルビアル 地震 はたき落とす 岩雪崩 守る オボンの実 怒りのツボ
モロバレル エナジーボール キノコの胞子 怒りの粉 守る ゴツゴツメット 再生力
ペリッパー 暴風 熱湯 追い風 守る 気合の襷 雨降らし
カメックス 潮吹き 波動弾 冷凍ビーム 守る カメックスナイト 雨受け皿


https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-D806-4DE7


上記の構築は適当にレーティングバトルに潜って7-3してきた構築である。
トゲキッス+ワルビアルを選出したゲームは全て勝てたので問題は裏選出。

ペリッパーカメックスは晴れ対策として適当にいれたが、
適当と言えるポケモンではなかったので改善の余地がある。

f:id:ratos_189:20170709155708p:plainf:id:ratos_189:20170130170201p:plain

適当に入れたが適切でなかった奴

 

基本的にはガルーラかモロバレルトゲキッスを先発で出し、
相手の攻撃でガルーラやモロバレルを退場させ、
次のターンに怒りのツボを発動させるのが主な動きになる。

特徴としてはホロウビアルほどコンボに依存せず、
また、個々のポケモンのスペックが高いため、サポート要員であるはずの

ガルーラとトゲキッスの並びで普通に勝ってしまう

のがとても強かった。

 

f:id:ratos_189:20170709155522p:plainf:id:ratos_189:20170709154115p:plain

雑に強い並び


これが割と重要でグロウパンチを積んだガルーラで
イージーウィンできるならそれに越したことはないのだ。

勿論ヒードラン+ボーマンダや霊獣ランドロス+ボーマンダの並びを
ワルビアルで崩壊させた試合もあったし、
何より、ワルビアルというポケモンは最低限の性能を持ち合わせており、
コンボなしでもそこそこ活躍することはアローラダブルでも証明済みである。
(普通のワルビアルは威嚇)

上記の構築で厳しかったポケモンにはカミツルギや相手の雨パを筆頭に
初手から素早いポケモンが挙げられる。
カミツルギや雨ルンパは怒りの粉を受け付けないのが特に厳しいと感じた。

f:id:ratos_189:20170709170935p:plainf:id:ratos_189:20170709170947p:plain

怒りの粉が効かない速い奴


これを改善するために2匹目のこの指要員として、
ルカリオパチリスあたりのポケモンを考えている。

が、あまりにスタンダードな構成から離れてしまうと
上記のメリットを放棄してしまうことになるため、難しいところである。

f:id:ratos_189:20170709172040p:plainf:id:ratos_189:20170709172120p:plain

偽装し辛い人達


この構築は準伝を使わない、比較的構築難度の低い構成
(過去作教え技を使うのでORASが必要)だが、
注意点としてはトゲキッスの特性が強運かつ攻撃個体値5以下である必要がある。
これは、味方ワルビアルへのダメージの関係であまり妥協はしないほうが良い。
なので、トゲキッスを粘る際(特に♀を粘る際)は注意してほしい。